バブル時代のデザイナー

人生を愉しむ

私がデザイナーでいたのはバブル時代の前後のころ・・
一番景気のいい時にはヨーロッパ出張に会社から20人くらい行きました。

行く先はパリ、ミラノ、フィレンツェの3都市が全員でいって
私はロンドンが大好きだったので、
毎回日帰りで、パリからユーロスターでロンドンに行っていました。

サビルロー

イギリスって島国だからか、空気が馴染むのです。
周囲が海に囲まれているから、湿気が似ているのかしら?
左側通行だから無意識でも危なくないし・・(笑)

オシャレな通りも割と固まっているし、見やすいです。
ロンドンで好きな通りは

ミラノもフィレンツェもステキな街なのですが、
一番最初にフィレンツェにいった時は
ブティックの店員さんのあまりの美しさにビックリしたのです。

ミラノの店員さんもパリの店員さんもキレイなのですが、
その頃のフィレンツェの店員さんたちは別格でした。

彼女たちに会いたくていったような気もします。(笑)

20人でフィレンツェに行った時、折角だから全員でごはんと
いいうことになって、丘の上のレストランに行ったのですが、

他のお客様に出てくる料理、出てくる料理、どれも美味しそうで
「ほら!あれも美味しそう!」「こっちも美味しそう!」といっていたら

地元のお客様が「こっちのテーブルにおいで!食べてごらん・・」
とあちこちのテーブルでお客様が呼んでくださり、

・・・・いただいている内に

レストラン全部がお友達になってしまいました。

名刺を渡したり、「こっちのも食べてごらん、このワインも美味しいよ!」って
お店をあげての大騒ぎになったことがあります。

たぶん、フィレンツェという学生が多い、小さな街だったから
温かく受け入れてくれたのだと思います。

でも、とってもいい思い出です。

言葉なんか通じなくても、身振り、手振りでも十分おもてなしの
心は伝わるし、歓迎する気持ちは受け止めて貰えるのですものね。

タイトルとURLをコピーしました